本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 Z0982 金属組織の解読とトラブル解析技術 ※事前にZ097「金属材料の理論と実際」を受講なさることを推奨します。  

訓練日程
11/9(水)〜11/11(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
18時間
受講料
32,000円
定員
12名
対象者
〜金属組織観察を実践して、問題解決につなげます。〜
金属加工技術、品質管理、クレーム処理などの業務に携わる方

≪訓練内容の概要≫
材料に起因するトラブル対策のための金属組織の現出、観察・解読法を習得します。金属組織の解読に必須知識である合金状態図などを解説し、主に受講生から提出いただいたサンプルで金属組織の解読などを行い、実務に直結する知識と技能が習得できます。 
※「金属材料の理論と実際」が講義となります。
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)コースの目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)安全上の留意事項
2.金属組織の現出と観察
(1)金属組織とは
(2)金属組織現出の要点と実習
  イ.観察試料前加工、研磨、ポリッシング、エッチング
(3)金属組織観察の要点と実習
  イ.金属顕微鏡の適正使用法及び応用使用法
  ロ.金属組織の構成要素観察のポイント、及び観察実習
3.金属組織解読の進め方
(1)金属組織解読の進め方
(2)金属組織の構成要素
(3)合金状態図(2元、3元系状態図)に基づく金属組織解読法
4.金属組織観察に基づくトラブル解析実習
(1)材料に起因するトラブル解析の進め方
(2)解析事例
(3)トラブル解析実習
5.まとめ
(1)総括と質疑応答

≪担当予定講師≫
元 千葉工業大学 名誉教授 佐藤 英一郎

使用機器・教材
金属組織現出・観察装置、金属顕微鏡 硬さ試験機
持参品・服装
観察サンプル試料、作業服(上)
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

受講者の声

  • 講師の方々に何でも気軽に相談出来たのが良かったです。
  • 不具合に対する新しい切り口がみいだせた。
  • 組織の解読の手法と見方を教えて頂き、業務に直結する内容を学んだ。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る