本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 X0741 【New】ロボットシステム設計技術(ビジョンセンサ活用編)  

訓練日程
12/15(木)〜12/16(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
35,000円
定員
8名
対象者
〜2D、3Dカメラを用いたロボット制御技術について習得できます。〜
画像処理を活用したロボット制御を行いたい生産技術者

≪訓練内容の概要≫
近年、カメラを標準搭載した協働ロボットがあるように、画像処理を活用したロボット制御が急速に普及してきています。本研修では2Dおよび3Dビジョンセンサを用いた実習を中心に、画像処理によるロボット制御に必要な技術を習得します。不定形物の検出としてディープラーニングを用いたロボットピッキング動作実習も行います。カメラを活用したロボット制御を検討している方に最適なコースです。
訓練内容

1.概要

2.ロボット基本操作
 (1)基本操作
   ・ロボット座標、速度について
   ・I/Oコントロール
   ・ダイレクトティーチング
 (2)プログラミング
    ・基本コマンド
    ・P&P実習(ステップ実行、連続動作)

3.2Dビジョンセンサ
 (1)ビジョンベースについて
   ・Visionモードについて
   ・カメラ校正
   ・タスクデザイナ(ランドマークの使用法)
 (2)ビジョンベースによるP&P
   ・ランドマークトレイ上の位置固定ワークのP&P実習
   ・ランドマークトレイ上の位置未固定ワークのP&P実習
 (3)ビジョン精度の向上

4.3Dビジョンセンサ
 (1)システム構成
   ・3Dビジョンセンサについて
 (2)3Dビジョンセンサの校正
 (3)モデリング
 (4)ビジョンタスク
   ・ディープレンジ設定
   ・視野領域の設定(ROI)
   ・グルーピング作業(Clustering)
   ・検索設定(Find)
   ・エンドエフェクタのピッキング制限設定(Picking Constrains)
 (5)バラ積みピッキング

5.ディープラーニング
 (1)ディープラーニング概要(システム構成、検出と分類について)
 (2)学習手順について
 (3)サンプルワークについて
   ・学習させるべきサンプルデータの考え方
   ・サンプル撮影とラベル付け
 (4)ロボットへの実装

6.総合課題
 (1)ディープラーニングを活用したアプリケーション

7.まとめ 

≪担当予定講師≫
プレミアエンジニアリング株式会社 代表取締役 松本大亮

使用機器・教材
協働ロボット(テックマン)、エンドエフェクタ、画像システム
持参品・服装
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る