本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 V0432 【New】AI・画像処理技術<集中育成コース><Pythonの導入からニューラルネットワークの習得まで>  

訓練日程
2/16(木)、17(金)、21(火)、22(水)、3/2(木)、3(金)、9(木)、10(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
48時間
受講料
61,000円 ※注1
定員
12名
対象者
〜製造業で活用できるAI・画像処理技術を習得します〜
これから製造現場などにAI技術を導入しようとする方

≪訓練内容の概要≫
AI・画像処理技術を製造ラインの検査工程等に取り入れて、生産効率を向上させる事例が多くなっています。本コースでは、Pythonの基本文法から画像処理プログラミング、さらに、ニューラルネットワークの仕組みや、AIシステムの構築について、理論と実習を通して習得します。これからAI技術に取り組む方にAI・画像処理技術を集中的に養うことを目的としたコースです。
訓練内容
実習のイメージとDNN推論・認識結果のイメージ

1.画像処理・機械学習のためのプログラミング技術
(1)画像処理・機械学習の概要
(2)開発環境
(3)開発技法とプログラミング実習
(4)プログラミング応用実習
(5)総合課題

2.オープンソースによる画像処理・認識プログラム開発
(1)画像処理システムの知識
(2)開発環境の構築
(3)開発技術
(4)画像処理プログラムの開発
(5)画像認識プログラムの開発

3.実習で学ぶニューラルネットワークと学習済モデルの活用
(1)人工知能概要
(2)ニューラルネットワークの仕組み
(3)公開されている学習済みモデルの活用
(4)Raspberry PiへのAIの搭載

4.ディープラーニングシステム開発技術
(1)CNN概要
(2)コードのメンテナンス性を高めるための手法
(3)独自データセットによる画像分類
(4)画像分類モデルの活用
(5)推定結果に対する評価

≪担当予定講師≫
高度ポリテクセンター

≪配布テキスト≫
書籍名 Python
    ディープラーニングシステム実装法
出版社 科学情報出版株式会社

 ※事前に購入していただく必要はありません。

≪事前購入が必要なテキスト≫
書籍名 はじめてのディープラーニング
    pythonで学ぶニューラルネットワークとバックプロパゲーション
出版社 ソフトバンククリエイティブ
入手先 
https://www.sbcr.jp/product/4797396812/  
入手方法(概要)
    上記URLから「ご購入はこちら」のボタンをクリックすると、購入サイト一覧が表示されますので、表示サイトより購入
    することができます。セミナーでは書籍内容を閲覧しながらサンプルコードを入力することもありますので、ご自身の
    タブレットから閲覧できるようにしてご持参頂けると便利です。

 ※注1 テキストが、ダウンロードのみでの購入となったため、各自で購入していただくこととなりました。
     そのため、受講料が変更になっています。
使用機器・教材
Python開発環境(VSCode、Spyder)、画像処理ライブラリ(OpenCV)、DNNフレームワーク(Keras)、Raspberry Pi、Neural Compute Stick2
持参品・服装
購入テキスト
『はじめてのディープラーニング pythonで学ぶニューラルネットワークとバックプロパゲーション』
※購入テキストを、ご自身のタブレットから閲覧できるようにしてご持参頂けると便利です。
実施場所
高度ポリテクセンター
備考
※テキストの購入が必要となります。

関連コース

以下、関連コースです。




ハロトレ君の画像
お申込みはこちら



前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る