本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 V0211 ディジタル信号処理を用いたノイズ除去と信号分離技術  

訓練日程
10/13(木)〜10/14(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
25,500円
定員
12名
対象者
〜信号ノイズにお困りの方に最適です〜
音響・画像・通信分野等のディジタル信号処理システムの設計・開発に携わっている方

≪訓練内容の概要≫
さまざまな分野でノイズ除去やノイズに埋もれた信号の検出、あるいは複数の信号の分離問題などが必要とされていますが、体系的な技術理論が無く現場の技術者は困難に直面していました。本コースでは、ノイズ対策に関するディジタル信号処理技術を体系化し、状況によって使い分けられるように計算機シミュレーションを使いながら習得していきます。
訓練内容
MATLAB演習

1.ディジタル信号処理の概要
(1)畳み込みとディジタルフィルタ
(2)フーリエ変換とスペクトル解析
(3)MATLAB演習

2.正弦波雑音
(1)システム同定と適応フィルタ
(2)適応ノッチフィルタ
(3)MATLAB演習

3.広帯域雑音
(1)スペクトルサブトラクションによるノイズ除去(音声信号に重畳したノイズ除去)
(2)Wavelet変換とノイズ除去(パルス性信号に重畳したノイズ除去)
(3)MATLAB演習

4.信号分離
(1)バイナリマスキング
(2)独立成分分析ICA法
(3)MATLAB演習

5.まとめ
(1)実習の確認・評価


≪担当予定講師≫
九州工業大学 教授 尾知 博

【配布テキスト】
シミュレーションで学ぶディジタル信号処理 尾知 博著

使用機器・教材
ソフトウェア:MATLAB
持参品・服装
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る