本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 T0611 電源回路における安全・信頼性設計技術  

訓練日程
10/11(火)〜10/12(水)
実施時間帯
10:00〜16:45(昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
22,000円
定員
12名
対象者
〜保護回路や安全規格を考慮した電源設計スキルが身に付きます〜
電子回路もしくは電子機器関連の設計・開発をされている方

≪訓練内容の概要≫
最近の電源装置は小型化や高効率化を目指した電源回路の設計・開発が多くなっており、その安全・信頼性技術は益々重要になってきています。
本コースでは電源回路の設計における各種保護回路の設計手法や、電源装置に使用される部品の使用方法、絶縁やノイズ等の安全規格について具体的な例を示しながら理解を深め、電源回路における安全、信頼性技術を習得します。
訓練内容
電解コンデンサの並列接続パターンの注意点

1.電源回路の信頼性
(1)電源回路の信頼性・安全性の重要性について

2.保護回路の安定化設計
(1)過電圧保護回路設計
 イ.1次側保護と2次側保護
(2)過電流保護回路設計
 イ.1次側保護と2次側保護
(3)低電圧保護回路設計
(4)温度保護回路設計

3.警報回路
(1)電解コンデンサの寿命警報
 イ.電解コンデンサのリップル電圧
 ロ.電解コンデンサの寿命予測とトラブル

4.電子部品について
(1)フィルムコンデンサの使用方法
(2)MOSFETの使用方法
(3)同期整流器

5.安全規格について
(1)絶縁クラス、漏洩電流
(2)沿面距離と空間距離
(3)トランスの規格の見方と適用
(4)ノイズ規格の見方と適用


≪担当予定講師≫
有限会社オフィス・モリタ 森田 浩一 工学博士(サンケン電気(株)にて大型機器の設計・開発、 スイッチング電源等の開発に従事、現在はスイッチングコンバータ設計コンサルティング業務をされてます)

使用機器・教材
関数電卓
持参品・服装
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

受講者の声

  • 担当製品との親和性が高く、内容が分かりやすい。
  • 車載パワートレイン開発の要件を抽出する際に、今回の講座により、視点が拡がったことにより役に立ちそう。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る