本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 R0042 プレス加工技術<プレス加工の理論と実際>  

訓練日程
1/31(火)〜2/3(金)
実施時間帯
10:00〜16:45(昼休憩45分)
総訓練時間
24時間
受講料
40,000円
定員
12名
対象者
〜プレス加工技術者に必要なプレス加工の理論を実験を通して理解を深めます。〜
プレス生産技術者およびプレス加工に携わっている方

≪訓練内容の概要≫
プレス加工に必要なせん断・曲げ・絞り加工の原理、諸現象、条件などについて理論を踏まえながら実習実験を通して理解を深めることができます。実習ではプレス加工実験、被加工材のプレス成形性試験などプレス加工に関する実験を行います。
訓練内容
成形性試験の様子

1.プレス加工概論
(1)成形法、材料特性とプレス加工
(2)プレス金型
(3)プレス機械

2.板材の成形性
(1)薄板の引張試験、n値r値の求め方
(2)プレス成形性試験(張出し性試験法、深絞り性試験法)

3.プレス実習
(1)順送金型のレイアウト、構造確認、及び取り扱い基本
(2)単発絞り金型によるプレス加工作業

4.せん断加工
(1)せん断加工のメカニズム
(2)せん断加工データ収集・分析実習

5.曲げ加工
(1)曲げ加工のメカニズム
(2)曲げ加工データ収集・分析実習

6.絞り加工
(1)絞り加工のメカニズム
(2)絞り加工データ収集・分析実習
(3)スクライブドサークルによる変形状態の可視化
(4)絞り用潤滑油の比較実験

≪担当予定講師≫
塑性加工教育訓練研究所 小渡 邦昭

使用機器・教材
プレス機械、万能材料試験機、塑性加工試験機、プレス金型
持参品・服装
関数電卓、作業着(上)、作業帽
 
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

受講者の声

  • これまでマシニングワイヤー等の加工機が主な役割だったので、金型の(主にプレス)の理解が足りなかったのですが、今回の研修で加工、組み付け、トライまでの全体の内容を深く理解できました。
  • 業務では教えられていないこともあり、初めて知ったこともあったため役に立った。
  • 試作立会いの際に、現場スタッフへの正確な指示につながる。
  • 今後の指導で役立つことが多かった。
  • 実際のプレス機の動作を見ながら加工原理を知ることができた。実験をしながら理解を深めることができた。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る