本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 N0051 実用 RF回路の計測・評価技術  

訓練日程
11/24(木)〜11/25(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
25,500円
定員
12名
対象者
〜高周波計測器を使い倒そう!〜
無線通信回路の設計に携わっている方、通信機器の試作・評価に携わっている方

≪訓練内容の概要≫
RF回路を評価する測定器には様々な機能がありますが、便利になった反面で測定の持つ意味や測定器の動作原理を深く理解せずに使っている状況が見受けられます。本コースでは、測定器の動作原理および使い方を学び、様々な回路の特性を測定器で計測・評価することにより、未知の問題に対しても対応の糸口を見つけ出すことができるような実践力を身につけていただきます。
訓練内容

1.RFシステムの概要
 (1)無線通信システムの構成
 (2)無線通信に関する基礎知識
 (3)送受信方式(スーパーヘテロダイン、DCR)
 (4)回路構成とレベルダイヤグラム
 (5)リンクバジェット

2.無線通信システムを構成する各種回路
 (1)LNA(ローノイズアンプ)
 (2)ミキサ回路
 (3)ローカル発信回路
 (4)ディジタル変復調回路
 (5)PA(パワーアンプ)
 (6)フィルタ回路
 (7)ダイレクトコンバージョン受信機

3.RF回路の計測・評価実習
 (1)Sパラメータの測定・評価
 (2)スペクトル測定・評価
 (3)NF測定・評価
 (4)EVM測定・評価
 (5)ディジタル信号解析・評価
 (6)BER測定・評価

4.通信システムの実際
 (1)特定省電力無線システム
 (2)携帯電話通信システム

5.総合的計測・評価実習
 (1)送信部の計測・評価
 (2)受信部の計測・評価
 (3)システム全体の総合評価

6.まとめ
 (1)全体的な講評・確認および評価



≪担当予定講師≫
神奈川工科大学 教授 小室 貴紀、無線通信システムズ株式会社 萩野 達雄

使用機器・教材
スペクトラムアナライザ、ネットワークアナライザ、シグナルジェネレータ、無線送受信回路実習基板
持参品・服装
実施場所
高度ポリテクセンター
備考
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る