本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 L2132 <見て触って理解する>プラスチック射出成形技術の要点  

訓練日程
2/21(火)〜2/22(水)
実施時間帯
10:00〜16:45(昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
20,000円
定員
12名
対象者
〜成形機・金型を見て、触って、理解する!〜
プラスチック射出成形とその金型について理解したい方

≪訓練内容の概要≫
ものづくりには様々な手段がありそれぞれに特徴を持っています。その中から品質・コスト・納期に合わせた加工方法が選択され各種製品や部品が製作されています。本コースでは、プラスチック材料の射出成形について金型や加工機械、材料等、実際に見て触ることで概要を直観的に理解できます。
訓練内容
成形、金型観察のイメージ

1.設備の確認
(1)技術概要の理解

2.技術要素の説明
(1)成形技術の要点
 イ.材料について
 ロ.金型について
 ハ.設備について

3.金型の理解
(1)金型を理解する
 イ.モデル金型の分解・組み立て
 ロ.実金型の分解・組み立て

4.設備の理解
(1)設備の観察
 イ.加工機の構造の確認
 ロ.周辺機器の確認

5.加工の理解
(1)加工の観察と加工条件の理解
 イ.加工現象を再び確認する
 ロ.条件を変えてみて変化を確認する

※本コースはなるべく短い時間で、射出成形の要点を理解していただくためのコースです。1.金型模型の分解組立による部品名称や構造の理解する実習、2.成形条件の品質に与える影響などを確認する実習 をなるべく短い時間でおこないます

≪担当予定講師≫
高度ポリテクセンター

使用機器・教材
射出成形機、金型アクリル模型、金型、他
持参品・服装
作業帽、作業着(上)
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

受講者の声

  • 金型に関する基礎的なことを学習することが出来た。
  • 業務中いろんな不具合が発生した理由がわからなかったのですが、今回の講習で理解することができた。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る