本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 L0311 見て描いて理解するプラスチック射出成形金型設計  

訓練日程
7/26(火)〜7/28(木)
実施時間帯
10:00〜16:45(昼休憩45分)
総訓練時間
18時間
受講料
35,000円
定員
12名
対象者
〜見て触れて描いてみることで金型設計を理解する!〜
プラスチック部品設計又は射出成形金型設計にこれから携わる方、関連業務に携わる方

≪訓練内容の概要≫
プラスチック射出成形金型を設計する上で必要な射出成形、金型構造、金型要素(流路、冷却、突出等)に関する知識を学び、金型設計の基盤となる技術を習得します。実習では、金型模型の分解・組立を通して金型構造や部品名称を理解し、次に金型要素の解説と図面記入を繰り返すことで1つの金型(構想)図面を作成します。
訓練内容
設計課題の例

1.プラスチック射出成形の概要
(1)プラスチック射出成形の概要と金型設計の流れ
(2)課題製品の提示と成形の観察
 イ.成形機の各部名称
 ロ.成形機への金型の取付
(3)金型模型の分解・組立
 イ.金型構造と部品名称
 ロ.金型各部の役割
(4)金型設計の流れ

2.製品仕様の検討
(1)製品肉厚とリブ・ボスの検討
(2)抜き勾配の検討
(3)パーティングラインの検討
(4)コアの形状とバリの向き
(5)アンダーカット
(6)成形収縮率と金型寸法

3.金型構想設計
(1)入れ子の検討
(2)冷却設計
(3)スライドコアの検討
(4)エジェクタの検討
(5)金型剛性について

4.金型設計について
(1)課題の構想設計事例と解説
(2)構想設計と詳細設計について

※本コースでは、金型要素の講義をはさみながら構想図を描いて行きます。①成形観察、②金型模型の分解組立てによる構造と部品名称の理解 ③実金型の観察等の実習も併せておこないます。

≪担当予定講師≫
(株)MDC 鈴木 次郎

使用機器・教材
製図用具一式、射出成形機、金型アクリル模型等
持参品・服装
関数電卓、作業帽、作業着(上)
  
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

受講者の声

  • 基礎的な知識を解説しながら教えていただいた。
  • 金型に関する部品の機能や必要な理由が分かった。
  • 強度計算等の知識が深まりました。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る