本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 K0961 三次元測定機を用いた精密測定技術の実践  

訓練日程
6/2(木)〜6/3(金)
実施時間帯
10:00〜16:45(昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
26,000円
定員
12名
対象者
〜三次元測定機を理解し信頼性の高い測定を目指しましょう!〜
測定・検査に従事する方、または開発・設計者

≪訓練内容の概要≫
三次元測定機は様々な形状を測定でき、幾何公差の測定に使われています。しかし、三次元測定機の特性を把握して測定を行うことが重要です。三次元測定機による測定結果の信頼性向上や最適化をめざして、三次元測定機のシステム上の特徴とその精度を理解し、各幾何公差の測定を通じてこれらの実践的なポイントを習得します。
訓練内容

1.三次元測定機の概要

 (1)三次元測定機の現状
 (2)三次元測定技術の最新動向

2.三次元測定機の安定した測定方法

 (1)測定機の形式
 (2)プローブの選択方法
 (3)測定精度
 (4)測定座標系

3.幾何公差と不確かさ

 (1)幾何公差と三次元測定機による測定方法
 (2)図面と測定基準の設定方法
 (3)測定基準の設定の相違と測定の不確かさ
 (4)評価点数と不確かさ
 (5)プローブ姿勢と誤差
 (6)設計仕様と測定精度
 (7)測定機の違いと測定結果の差異

4.総括

≪担当予定講師≫
地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター

使用機器・教材
三次元測定機(ミツトヨ Hyper KN810、MCOSMOS)
持参品・服装
 

実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

受講者の声

  • 生産管理や外注とのやり取りに役立つ(設計目線)。
  • 実習と質問で業務で抱えていた疑問点を解消できた。
  • これを機に測定精度の向上につなげていきたい。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る