本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 J0031 PID制御によるサーボ制御技術  

訓練日程
7/27(水)〜7/29(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
18時間
受講料
26,000円
定員
12名
対象者
〜これからサーボ制御を学ぶ方に最適。PID制御の設計ノウハウが習得できます〜
サーボ系の制御系設計に携わる方、これから制御関連業務を担当する方

≪訓練内容の概要≫
PID制御理論を踏まえた上での制御系設計、シミュレーション、サーボ系への適用技術について、DCサーボモータを使った実習を通して、理論から実践的技術まで習得できます。
キーワード:PID制御、ステップ応答、周波数応答、ボード線図、速度・位置制御、位相補償
訓練内容
J003.JPG画像

1.自動制御の全体像
 (1)自動制御概要
 (2)フィードバック制御概要
 (3)サーボ制御概要
 (4)サーボ制御設計手法

2.サーボ制御系設計とその評価
 (1)制御対象のモデル化
 (2)伝達関数とブロック線図
 (3)ステップ応答と周波数応答
 (4)ボード線図

3.制御系シミュレーション
 (1)コンピュータを利用してのシミュレーション 実習結果との考察

4.PID制御とパラメータ安定実習
 (1)速応性と安定性、目標値に対する定常偏差を考慮した設計法
 (2)サーボ制御装置に対する実装
 イ. 速度制御実習
 ロ. 位置決め制御実習
 ハ. 位相補償実習

5.確認・評価
 (1)実習の全体的な講評および確認・評価


≪担当予定講師≫
システムシミュレーション研究所 城谷 聡美(『図解と実験で学ぶサーボ制御の理論と実践』など、著書多数)

使用機器・教材
ハードウェア:DCモータ、サーボ制御実習装置 ソフトウェア:MATLAB、Simulink
持参品・服装
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

受講者の声

  • PID制御の各要素の働きを改めて認識することができた。
  • 制御分野における設計の一連の流れを理解することが出来た。
  • PI制御の効果が理解できた。シミュレーションと対応しており、分かりやすかった。
  • 最新のソフト環境を使った実習ができてよかった。
  • 受講する前提条件(数学、物理の知識)が事前にもう少し分かっていれば、さらに分かりやすかったかもしれません。
  • ボード線図を実際に手書きすることで理解に役立った。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る