本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 G0541 製造現場の事例に学ぶ品質改善手法〈QC7つ道具の活用と問題解決〉  

訓練日程
11/1(火)〜11/2(水)
実施時間帯
1日目 9:30〜17:45(昼休憩45分)
2日目 9:30〜16:45(昼休憩45分)
総訓練時間
14時間
 
受講料
24,000円
定員
12名
対象者
〜製造業における品質管理にこれから取り組まれる方のために。〜
品質管理や統計の基礎知識を持っていない方が対象です。現場で品質管理を担当する方、品質問題を改善する力を身につけたいと考えている方、サークル活動リーダなど

≪訓練内容の概要≫
QC7つ道具は簡単な統計手法ですが、現場での品質問題の約7割を解決できるといわれています。本コースは、職場で発生する品質問題を解決するための考え方や手順及び現場で役に立つ「QC7つ道具」を演習、グループワークを通して学びます。品質管理や統計の基礎知識を持っていない方でも理解しやすいように配慮したカリキュラムです。(講義で使用した表計算ソフトの解析ツールは、持ち帰って職場で利用することも可能です。)
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)訓練の目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)問題点の整理
(4)安全上の留意事項

2.品質管理概要
(1)品質管理とは
(2)品質管理の手法

3.製造現場と品質改善手法
(1)製造現場における問題
(2)品質管理の考え方
(3)問題解決のための品質改善手法

4.事例課題演習
(1)問題解決事例の解説(部品加工部門の事例)
(2)事例背景
(3)不良件数データの解析
(4)不良による損失金額データの解析
(5)改善テーマの設定
(6)目標値の設定
(7)工程調査
(8)改善項目の現状把握
(9)特性要因図と工程図
(10)工程条件と改善項目の関係調査
(11)データ解析
(12)原因の絞り込み
(13)再発防止の施策提案
(14)グループ発表、質疑応答

5.まとめ
(1)実習の全体的な講評及び確認・評価

≪担当予定講師≫
QCコンサルタント 加瀬 三千雄 (JRCA登録品質主任審査員、JRCA登録ISMS主任審査員)

使用機器・教材
表計算ソフト(データ処理をします)、定規(グラフを作成します)、電卓(簡単な統計の計算をします)
持参品・服装
 
 
 
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

受講者の声

  • 問題解決の手順は、社内の現場改善活動にも利用できる。
  • QC七つ道具の活用方法を知れた。
  • 不良品、生産性の問題の解決に役立つ。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る