本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 E0921 マイコンによる計測データ処理技術  

訓練日程
8/31(水)〜9/2(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
18時間
受講料
24,000円
定員
14名
対象者
〜組込みプログラム、PCアプリケーションなどプログラミング全般を学びます〜
組込みシステム開発業務に携わる方

≪訓練内容の概要≫
無線通信モジュールの取り扱いからマイコン制御プログラミング、計測アプリケーションの制作まで組込み開発で必要なプログラミング技法を実習中心で習得します。本コースでは、子機で計測した温度を無線通信で送信し、親機で受信した温度データを制御マイコンで記録・表示・PC転送できる計測システムを構築します。

≪前提知識≫
C言語プログラミングの基礎知識
訓練内容
実習ボードのイメージ

1.計測システムの概要
(1)システム構成
(2)構成要素

2.無線通信モジュール XBee
(1)Zigbeeプロトコル
(2)XBeeモジュール
(3)XBee無線通信実習

3.制御マイコン RX
(1)RXマイコンの概要
(2)RXマイコンボード・計測制御用ボード
(3)開発環境
(4)RXマイコン制御プログラミング実習
・GPIO制御(SW,LED,LCD)
・タイマ(ロータリーエンコーダ)
・割込み処理
・SCI(シリアル通信)
・I2C(EEPROM)

4.計測用PCアプリケーション Visual C#
(1)Visual C#の概要
(2)開発環境
(3)Windowsフォームアプリケーション
(4)シリアル通信プログラム

5.温度計測システムの構築
(1)子機:温度センサ
(2)親機:RXマイコンによる温度計測処理プログラム
(3)PC:温度管理アプリケーション

≪担当予定講師≫
高度ポリテクセンター

使用機器・教材
計測制御用ボード(RXマイコン、XBee、EEPROMなど)、統合開発環境(CS+、Visual Studio)
持参品・服装
 

 
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

受講者の声

  • マイコンと無線機器やPCなどとの通信について理解ができた。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る