本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 D2101 実習でわかる省エネ診断と工場における省エネルギー技術<省エネルギー技術2>  

訓練日程
12/5(月)〜12/6(火)
実施時間帯
10:00〜16:45(昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
23,000円
定員
12名
対象者
〜工場における省エネルギー対策について学びます〜
事業所における省エネ推進者、及び省エネ対策を行う設備保守者の方に最適です

≪訓練内容の概要≫
工場におけるセントラル空調と省エネ効果計算方法、及び省エネ対策の主要要素(冷凍機、ポンプ・ファン、ボイラー、コンプレッサ等)について学びます。工場のエネルギー消費をシステム的にとらえ、設備効率と運用の観点からの対策を解説します。ファンの風量測定・インバータ制御及び高度ポリテクセンターの施設を活用しての省エネ診断ステップ実習を行います。
訓練内容
インバータ電力測定実習

1.空調の省エネ
(1)空調方式
(2)空気線図
(3)換気基準とロス対策
(4)ファン特性と風量制御
(5)ファンインバータ制御実習

2.給水・給湯の省エネ
(1)給水・温水供給システム
(2)温水ボイラ
(3)ポンプと流量制御
(4)ポンプインバータ制御

3.コンプレッサの省エネ
(1)コンプレッサとブロアの構造と特性
(2)圧空配管と圧力損失
(3)圧空の省エネ対策

4.省エネ診断実習
(1)ポリテクセンター内における省エネ診断
(2)エネルギーデータの抽出
(3)エネルギー使用状況(外気条件と空調負荷、年間エネルギーデータ)
(4)エネルギー分析と特徴解析

5.まとめ
(1)実習の全体的な講評および確認・評価

≪担当予定講師≫
とおみね技術士事務所 遠峰 徹

使用機器・教材
ファンインバータ実験装置、電力計、パソコン
持参品・服装


実施場所
高度ポリテクセンター
備考
当コースは、当センター内での省エネ診断実習を行います。

関連コース

受講者の声

  • 私の職場で省エネに結び付けられる内容でした。
  • 省エネ効果の計算法、ボイラーの省エネ方法を習得した。
  • 冷凍機やFANの省エネは良くわかった。また理由も含め体系的に学べたため。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る