本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 C5451 構造強度設計の勘どころ(形状の決め方、評価の仕方)※材料力学のセミナーではありません  

訓練日程
11/17(木)〜11/18(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
25,000円
定員
12名
対象者
〜材料力学的知見を基に、構造物の応答から形状を決め、評価する技術を習得しよう!〜
設計・開発業務に従事している方で、材料力学の知識のある方

≪訓練内容の概要≫
負荷に対する構造物の応答を読み、効率よく負荷に耐え、機能を果たし続ける構造を設計することができれば、軽量で低コストな構造設計が実現できます。本コースでは、材料力学的知見を基に、基本設計で”あたり”をつけるための考え方や、モデル化による強度検討の手法を習得します。
訓練内容

1.材料力学に基づく構造設計
(1)構造設計とは
(2)構造設計のための材料力学の要点
(3)構造強度設計の手順
(4)力の流れと構造形状

2.モデル化による強度の検討
(1)モデル化
(2)強度計算の考え方及び強度の検討
(3)実験及び解析結果との比較

3.構造破壊と注意点
(1)破損現象(事故事例)
(2)構造の応力集中と注意点(過大応力発生のメカニズム)

4.総合課題
(1)検討箇所の推定
(2)強度検討
(3)構造変更
(4)発表及び討議

5.統括討議及び評価
(1)質疑応答
(2)訓練コース内容のまとめ
(3)講評・評価

※材料力学のセミナーではありません

≪担当予定講師≫
工学博士 初田 俊雄

使用機器・教材
持参品・服装
関数電卓
実施場所
高度ポリテクセンター
備考
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る