本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 C4471 CAEを活用した構造解析(線形解析のポイント)【Ansys Workbench】  

訓練日程
10/25(火)〜10/26(水)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
28,000円
定員
12名
対象者
〜線形解析のポイントを理解し、構造解析に活用しよう!〜
開発業務において、主にCAEによる解析を専門に行う方

≪訓練内容の概要≫
「解析結果と実験結果が合わない!」、「解析結果は出たけど、合ってるの?」という経験はありませんか。 解析目的と解析対象物の特性に応じ、適切な境界条件を与え、メッシュ分割を行わないと、予期しない解析結果となってしまいます。本コースでは、境界条件の設定やメッシュ分割などのポイントに関して学ぶとともに、解析結果の評価方法について習得します。
訓練内容

1.構造解析概要と材料力学の知識
(1)構造解析とは
(2)材料力学の知識

2.求める解析結果を得るための有限要素法のポイント
(1)有限要素法概要
(2)要素、節点と自由度と解析精度
(3)解析目的とメッシュについて
(4)メッシュサイズと解析精度について
(5)有限要素モデルの簡略化
(6)解析で必要な情報
(6)解析手順と結果の評価の仕方

3.構造解析の分類
(1)静的・動的解析

4.各種構造解析と解析プロセス
(1)静解析
(2)固有値解析
(3)座屈解析

5.実習によるポイントの確認
(1)モデルの簡略化について
(2)境界条件について
(3)メッシュ分割について

6.総合演習問題
(1)総合問題(構造解析と実験結果との比較)

7.まとめ
(1)まとめ
(2)質疑応答

≪担当予定講師≫
サイバネットシステム 株式会社

使用機器・教材
Ansys Workbench
持参品・服装
関数電卓
実施場所
高度ポリテクセンター
備考
※日程が変更になっています。(6/7-8→10/25-26)

関連コース

以下、関連コースです。

受講者の声

  • 基礎的な内容だと思っていたが、実際に使える内容で良かった。
  • 境界条件の定義の仕方が解析のきもと思っており、実習で扱っていただいたため。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る