本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 C4221 設計者CAEを活用した流体・熱流体解析【SolidWorks Flow Simulation】  

訓練日程
10/4(火)〜10/6(木)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
18時間
受講料
30,000円
定員
12名
対象者
〜流体・熱流体解析のポイントを学び、流体・熱流体設計にCAEを活用しよう!〜
機械設計業務に携わり、CAEを活用した流体・熱流体設計をご検討の方

≪訓練内容の概要≫
CAEが3次元CADに統合され、誰もが手軽に解析できるようになったおかげで、設計補助ツールとして設計品質の向上と効率アップに大きく貢献するようになりました。しかし、使い方を誤ると予期しない解析結果を導き出すこととなってしまいます。本コースでは、設計者が流体・熱流体を考慮した設計を行うために必要な知識と活用法を理解し3次元CAD/CAEを設計の検証ツールとして活用するためのポイントを習得します。
訓練内容

Ⅰ.熱流体解析概論

1.設計とCAE 

2.流体力学の基礎
 (1) 流体の基本性質
 (2) 流体の基本法則
 (3) 配管内の流れ

3.流体解析の基礎
 (1) 流体解析の手順
 (2) 流体解析の仕組み

4.結果の評価まとめ
 (1) メッシュの注意点
 (2) 結果の評価
 (3) まとめ

5.熱流体解析に必要な基礎知識
 (1) 温度境界層と速度境界層
 (2) 層流と乱流
 (3) 定常解析と非定常解析
 (4) 熱容量と比熱
 (5) 温度伝導率(熱拡散率)
 (6) 熱流体解析の基礎方程式
 (7) 熱流体解析に必要な条件
 (8) 計算領域の大きさ
 (9) 内部流れの場合の外部壁面の設定

Ⅱ.流体解析編 実習

1.配管内を通過する水の流れ
 (1) 配管内の圧力損失
 (2) 流量と圧力損失
 (3) エルボ管の圧力損失

2.物体まわりの流れ解析
 (1) 円柱と流線形状の抗力係数、揚力係数
 (2) 迎え角と揚力の関係
 (3) 最適形状の検討
 (4)様々な形状の空力解析

3.メッシュと解析精度
 (1) 圧力損失の計算
 (2) メッシュの数と解の変化

4.ポーラスメディア
 (1) ポーラスメディアの解析
 (2) 穴のサイズによる圧力損失の変化

5.構造解析への応用
 (1) 圧力損失の計算
 (2) 構造解析への応用

Ⅲ.熱解析編 実習

1.平板周辺の自然対流熱解析
 (1) 横長平板の自然対流による温度
 (2) 発熱量と温度の関係
 (3) 縦長平板の自然対流による温度
 (4) 発熱量と温度の関係

2.平板周辺の強制対流熱解析
 (1) 平板の強制対流による温度
 (2) 流速と熱伝達係数の比較

3.平板周辺の輻射熱解析
 (1) 平板の自然対流・輻射熱による温度

4.自然空冷電子機器の熱流体解析
 (1) 自然空冷電子機器の熱流体解析

5.ファンによる強制対流熱解析
 (1) ファン形状を考慮した解析モデルによる熱流体解析

6.演習問題(ヒートシンクのある発熱体を独力で解析する)
 (1) ヒートシンクのある発熱体の熱流体解析

≪担当予定講師≫
株式会社 構造計画研究所

使用機器・教材
SolidWorks2020、SolidWorks Flow Simulation
持参品・服装
関数電卓

実施場所
高度ポリテクセンター
備考

関連コース

以下、関連コースです。

受講者の声

  • 流体力学についてシミュレーションだけでなく、基礎的な知識も学べて今後の業務に役立てられそう。
  • 業務の中で疑問に思っていた事柄を整理、解決できた。
  • 解析の仕方を具体的に学ぶことが出来業務にすぐ活用できる。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る