本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 C4011 有限要素法理論理解のための材料力学から有限要素法への展開 ※材料力学そのものを目的とした内容ではありません。  

訓練日程
7/14(木)〜7/15(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
25,000円
定員
12名
対象者
〜有限要素法の計算処理内容を理解し、解析精度を高めよう!〜
これから有限要素法を習得したい方で、材料力学、線形代数を学習済みの方

≪訓練内容の概要≫
CAE(FEM:有限要素法)は設計で欠かせないツールになってきていますが、CADとの融合が進むにつれ、その計算処理方法は益々ブラックボックス化されてきています。本コースでは、構造解析に関してCAEが内部的に行っている計算処理を、「材料力学の理論」から、「入力データの意味」と「出力データ(変形、応力)を導きだす過程」までを明示化することで、解析処理のポイントを掴みます。理論解と比較検証することで、CAE解析の妥当性を確認し、内部の処理方法を把握します。計算の対象とするのは、軸の引張・圧縮、梁の曲げ、軸のねじりです。
訓練内容

1.有限要素法と材料力学
(1)材料力学の基礎
(2)軸の引張と圧縮
(3)梁のたわみ
(4)軸の捩り
(5)各演習問題

2.表計算ソフトを用いた手計算による有限要素法演習と自作FEMプログラムを用いた例題演習
(1)片持ち梁(表計算ソフト使用)
(2)トラス(表計算ソフト使用)
(3)自作FEMによる例題

3.有限要素法のための数学
(1)補間
(2)微分
(3)積分
(4)マトリックス代数

※材料力学そのものを目的とした内容ではありません

≪担当予定講師≫
ものつくり大学 名誉教授 野村 大次

使用機器・教材
自作FEMプログラム、表計算ソフト
持参品・服装
関数電卓
実施場所
高度ポリテクセンター
備考
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る