本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

能力開発セミナー

コース番号 C0141 設計に活かす!3次元CAD活用術(サーフェス編)【CATIA V5】  

訓練日程
1/26(木)〜1/27(金)
実施時間帯
10:00〜16:45 (昼休憩45分)
総訓練時間
12時間
受講料
23,000円
定員
12名
対象者
〜ソリッドモデリングでは表現できない、複雑な形状モデリング手法を習得しよう!〜
「設計に活かす!3次元CAD活用術(ソリッド編)」を受講された方、または3次元CADをお使いの方

≪訓練内容の概要≫
製品外装などの意匠性の強い製品モデルは曲面形状が多く、通常のソリッドモデリングだけでは表現できないため、サーフェスモデリングを必要とします。本コースでは、サーフェスモデルの特徴を理解し、複雑な形状モデリングの手法を習得できます。
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)訓練の目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)問題点の整理
(4)安全上の留意事項

2.サーフェスモデリング概要
(1)サーフェスとは
(2)ソリッドとサーフェスの特徴と相違点
(3)トレランスについて

3.インポートデータの修正
(1)インポートデータへの抜き勾配の付与
(2)隙間の修正

4.サーフェス形状実習
(1)曲面形状部品の製品設計の流れ
(2)課題実習(課題:曲面を有したカバーやボトル等)
  イ.サーフェスモデリングの主要機能
  ロ.各種曲面形状の作成法と特徴
  ハ.ソリッドとの連携

5.自由曲面の作成・検証実習
(1)曲線の種類と構成要素
(2)曲線の連続性と評価
(3)自由曲面の作成と接続性と評価
(4)寸法精度と滑らかさの評価
(5)課題実習(課題:意匠性が求められる製品)
  イ.図面データを基にした白紙からの曲面製品の設計
  ロ.自由曲面とソリッドとの融合によるモデルの構築

6.まとめ(総括及び評価)
(1)全体的な講評及び確認・評価

≪担当予定講師≫
PLMコンサルタント齋藤 栄輝

使用機器・教材
CATIA V5
持参品・服装
実施場所
高度ポリテクセンター
備考

受講者の声

  • 今まで使っていない方法の作成方法を知ることが出来た。
  • モデリングのひとつの方法として指導できる。
ハロトレ君の画像
お申込みはこちら
前ページへ ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る